International Symposium Introduction SiteNavi

日常に役立つシンポジウム


シンポジウムに参加する意味は、自分の意見だけでなく、他の専門家や興味を持っている人たちの意見を聞くことができる点にあります。参加することで日常生活に役立つ、新しい知識を得ることもできます。日常に役立ちそうな過去にあったシンポジウムの話題を、いくつか取り上げて紹介してみましょう。

食と健康に関連したシンポジウムでは、食品の中に含まれる脂肪に着目しています。オリーブオイルなど一部の植物性脂肪は、血中の善玉脂肪酸と呼ばれていますが、ファストフードやお菓子などに使われている油は悪玉脂肪酸と呼ばれ、血液中のコレステロール値を上げ悪い働きをすると言われています。これらの話は今では一般的な話ですよね。しかしこれらの脂肪の他に、脳細胞の働きに大きく関与したり、さまざまな体の組織を正常に機能させることに関わるリン脂質「プラズマローゲン」について紹介されていました。

血小板の活性化や、脳の情報伝達、またコレステロールの排出など、さまざまな働きにかかわるプラズマローゲン。どの様に食品に多く含まれているのかなど最新の情報を知ることは、日常生活に役立ちますよね。

シンポジウムは、何も専門家ばかりの集まった討論会ではありません。探してみれば、申し込むことで一般の人も参加できるシンポジウムもたあくさんあります。最初は、「ちょっと気になる。」そんな程度でもいいのかもしれません。シンポジウムに参加して、気になっている分野の視野を広げてみませんか。